インクカートリッジの基礎知識

インクカートリッジというのは、インクジェットプリンターに使われる交換式のインクを補充したタンクのことですが、もともとこのような名称の発端は、万年筆に使われていたインクタンクにあると言われています。

インクジェットプリンターを現在販売している会社としては、エプソンやキヤノンなど大手メーカーを始めとして、ヒューレットパッカードやブラザーなどの製品が多くのシェアを占めているといえるのではないでしょうか。

それらの製造メーカーごとに交換出来るインクカートリッジは変わってくるのは御理解いただけることと思います。

しかし、さらに製品の型番、つまりはインクジェットプリンターの種類によっても、交換するにあたって使えるインクと使用することができないインクがあるのです。

これは、同じメーカーの製品でも年代によって互換性があるものもありますが、基本的には同じ機種のものを中心に使う必要があることを理解しておく必要があります。

そのため、基本的に製造メーカーから販売されている正規のインクカートリッジは価格が上がりやすく、金額設定が高めなことが多くの非正規品が出回るきっかけを作っているといわれています。

非正規品の代表的な例として、正規品として販売されているものでも、からになったインクカートリッジに新しくインクを詰め込むことで、安価に販売されているタイプが挙げられます。

詰替え用のインクをチューブ状で販売していた商品も出回っており、対策が取られた今現在でも同様に販売され続けていることから、常に一定の需要があることが考えられます。

また、正規品と同じような形状で、独自の製品として開発された、いわゆるサードパーティ製品も生まれていて、これらの非正規品がもつ特徴としては、総じて価格帯が安価であることが特徴といえるでしょう。

このようなインクカートリッジを取り巻く環境について、より詳しく説明しているサイトについてもご紹介しておきます。

インクカートリッジの種類をご紹介

ご参考ください。